ダイキンフロン回収システムのご利用方法について。CFC:R-11、R-12、R-502など/HCFC:R-22など/HFC:R-407C、R-410A、R-134aなど

ダイキンフロン回収システムのご利用方法について。CFC:R-11、R-12、R-502など/HCFC:R-22など/HFC:R-407C、R-410A、R-134aなど

フロン排出抑制法について

フロン排出抑制法に関しては下記サイトを御覧ください。


フロン回収破壊法について

  1. みだりにフロン類を大気に放出してはいけません。
  2. フロン回収を行う業者(回収業者)は、都道府県知事への登録が必要です。
    (登録したフロン回収業者は、フロン回収量を記録し、報告する義務があります)
  3. 回収したフロン類は必ず破壊又は再生しなければなりません。
  4. 回収や破壊に必要な料金をユーザー様に請求できます。
    (お客様に対するフロン回収料金は作業、輸送、破壊に関わる費用を考慮して登録店様毎に設定してください。)

ダイキンコンタクトセンターへのご依頼方法

現地(ユーザー様)でのフロン回収から破壊処理までのご依頼をお引き受けします。

貴社にて回収されたフロンの輸送と破壊処理のご依頼をお引き受けします。

  • フロン回収、破壊処理のご依頼をダイキンコンタクトセンターでお受けします。
  • 都道府県知事への実績報告データを作成支援します。
  • 必要都度、破壊業者が発行する破壊証明書を取り寄せてお渡しします。
  • ご依頼いただいた販売店様毎、都道府県毎に実績を定期的に報告できます。

フロン回収から破壊処理までの依頼の場合

従来のサービス修理依頼と同様に、ダイキンコンタクトセンターにご依頼ください。

ダイキンコンタクトセンターに電話頂ければ、ガイダンスにてご案内させて頂きます。
時間等お打ち合わせ、作業結果報告、ご請求等は従来のサービスご依頼時と同様です。

自社で回収作業されてフロン破壊処理のみ依頼の場合

ダイキンコンタクトセンターにご依頼ください。

ダイキンコンタクトセンターに電話頂ければ、ガイダンスにてご案内させて頂きます。


ご販売店様へのお願い

ご依頼頂く前のお願い(フロンを入れたボンベに関するお願い)

  • ボンベにフロンを絶対に過充填しないでください。
    (回収装置を用いた場合、ボンベの内容量の90%を超えないように過充填防止機構が働きます)
  • 高圧ガス保安法に基づき異種冷媒を混ぜないでください。
  • ボンベには、販売店様名を明示してください。
  • 同じボンベに複数の回収先より回収する場合、物件ごとの回収量を記録してください。
  • 取り扱うボンベは内容積24リットル(20kgボンベ)以下とさせて頂きます。

ご依頼の際のお願い

ダイキンコンタクトセンターに受付の際に、以下を確認させて頂きます。
  1. ボンベに関する情報(ボンベN0. 、ボンベの容量 etc)
  2. フロン回収先及びその実績に関する情報
    (回収場所、フロン回収量(100g単位) etc)
    注:複数の回収先であった場合、回収先毎に確認させて頂きます。
  3. ボンベの引渡し方法
    集積対応可能なサービスステーション(集積場所)への持込み、または宅配便による輸送になりますので、確認させて頂きます。
    (集積対応可能なサービスステーションは弊社にて特定しております。宅配便の場合、ボンベ引り及び破壊処理後のボンベ返送の手配は弊社にて行います。)

上記事項を記入して頂く申込用紙を用意してあります。
記入して頂き、ダイキンコンタクトセンターへの送信をお願いします。

お申し込み用紙のダウンロードはこちら(135KB)

集積場所への持ち込みを選択された場合

  • 受付の際にフロン回収量を連絡頂いておりますが、持ち込まれた集積場所にてフロン量を計量させて頂きます。
  • 集積場所で持ち込み頂いた際、ボンベの預かり書をお渡し致します。
    後日、持ち込まれた集積場所までボンベの引取りをお願い致します。

宅配便による輸送を選択された場合

  • 受付の際にフロン回収量を連絡頂いておりますが、宅配便にて送付した先の破壊拠点(または移充填場所)にてフロン量を計量させていただきます。

再生を希望される場合

  • 取り扱い方法が変わります。別途ダイキンコンタクトセンターに連絡をお願いします。
ページの先頭へ